スタッフブログ Staff Blog

にほんごはむずかしい?

2012-12-11 (Tue) 00:30

英語のリスニングテストの収録立ち会いに行くと,
ネイティブスピーカーに,「辞書通りに読んでほしい」と
言わないとあかん場面がけっこうあります。

たとえば,fifteenは,辞書では,うしろのteenにアクセントがあるけど,
なんも言わないで読んでもらうと,前のfifにアクセントをおく人が
なんとなく多いみたい。

だから,何度か会うナレーターさんは,あやしそうな単語があると,
「これは,どう読んでほしいですか?」とおっしゃいます。

この,「どう読んでほしいですか?」という表現,
どうも不躾に聞こえてしまうんですよね。
もちろん,相手はネイティブスピーカー。
日本語が堪能ではないので,それで腹を立てることはありませんが。。。。

そう思って聞いていると,日本人の言葉も,かなりむちゃくちゃです。

「おっしゃられた」「お越しになられた」。。。
 そないに上げんでもええんちゃうかい???

かと思えば,相手に向かって
「さきほど申し上げられたように」,,,,
 上げたいのか,下げたいのか,どっちやねん???

尊敬語・謙譲語,というのは,とてもむずかしいですね。
ツッコミどころ満載です。
こういうのを,さらっと使えるオトナでありたいなぁ。。。


ら抜き言葉も,最近は,すっかり市民権を得ましたね。

ここのところ,よく聞くのが,「できんくなった」という言葉。
「な」が「ん」にかわるっていうのは
なんか昔勉強したような,,,,ちがったかな。。。

だいぶ耳慣れては来ましたが,自分ではなかなか使う気になれません。

それの発展型?を最近聞きました。

「あの子,来れんくなっててんけど,結局,来れるくなってん」

「来れるくなった」。。。。??

,,,,そろそろついて行けんくなくなってきました

memory

Blog Calendar

Blog Category

PAGETOP