「写植の時代」展に行ってきました

にわっちです。
2012年2月20日、大阪扇町で開催されていた「写植の時代」展に行ってきました。

今でこそ組版はパソコンで行うことが当たり前になっていますが、
パソコンによるDTPが普及するまでは「写真植字」という方法で、
文字を打ち、図や写真を貼って、印刷物の紙面をつくっていたんです。

写真植字とは、文字盤上の文字に光を当てて印画紙に焼き付けること。
なので、DTPのように修正はききません。
修正するときは、修正する箇所の文字列を印画紙に焼いて、
人の手で切り貼りをしていたんです。

アナログ作業だったんですね。

展示されていたのは、昭和53年頃に活躍していた手動写真植字機です。

中央で文字を撮影します。
また、真ん中の円盤で横のアキを、右上の円盤で行の送りを調整します。

右上の円盤のアップです。
円盤は歯車になっています。
1つ歯の幅は0.25ミリです。
1つ歯を送ると0.25ミリ開くわけです。
「歯送り」というのはここから出た言葉なんだということがよくわかります。

文字盤です。
ここから文字を一つ一つ選んで、シャッターを切るわけです。
気の遠くなるようなアナログの世界です。

貴重な機会をあたえていただいた、WORK STATION えむ の宮地知さんに感謝します。