おかたづけ

にわっちです。

家を引っ越してちょうど1か月。
私はここのところ週末出かけることが多かったので,
この1か月は嫁が家の片付けをしてくれていました。
たまたまこの週末は,
立場が逆転して私が家にいることになり,
そのタイミングに合わせて,
私の部屋の書棚とサイドボードが届くように段取りしていたので,
ようやく自分の部屋を部屋らしくできることになりました。

書棚とサイドボードが午前中に届き,
3時間かけてお片付け。
書棚は,ほこりが入らないようにガラスの扉付きにしたので,
箱にしまったままだったNゲージ(鉄道模型)も
箱から出して線路の上に置いてあげられます。
ゴルフコンペで優勝したときのトロフィーも出しちゃおう!
馬券を取ったときに購入した競馬のパネルも♪
自分の部屋が片付いたら,
引っ越してからまったく手がつけられていない,
段ボールが放置されているままの部屋の片付けに取りかかりました。
1か月放置していても困らないということは,
緊急性の高いものはそこにはないのですが・・・
そこで,「捨てた」と思っていたものたちが出てきました!
その箱は,14年前に結婚して,
一人暮らしをしていた下宿から出るときに箱詰めして,
そのまま開けられることなく押し入れに眠っていたんですね。
まさに「パンドラの箱」!
中身は・・・
幼稚園・小・中・高の卒業アルバムと文集,
通知票,写真,年賀状・・・
年賀状は,中1のときにもらったものから保管されていました。
懐かしい!
全部読み返していると,あっという間に時間が過ぎました。

あと,小4と小6のときの文集を見ていて気づいたのですが・・・
小4の文集では,絵の下手な私が表紙の絵を描いていました。

小6の卒業文集では,私は文集委員になっていて,
ちゃっかり自分の文章を最初に持ってきていました。
このころから,
「目立ちたがり」で「編集が好き」やったんですね。
もう1つ懐かしいものも出てきました。
「週刊ターフ」といって,
私たちが結成している競馬サークルの機関誌です。
第1号は,1989(平成元)年創刊!
当時勤めていた会社に放置されていた「ピコワード」というワープロで作成したのが最初。
それからすぐに「書院」というワープロを自分で買って,
毎週マメに作成していました。
それをちゃんと第1号からとっているから,にわっちえらい!
何名かのメンバーの競馬の予想をとりいれていて,まあ今読んでもおもしろいおもしろい!
手前味噌ながら,文章がしっかりしてるんですよ。
ここでも私が「人を集めて何かすること」と「編集」が好きなことがわかります。
ちなみに,この「週刊ターフ」。
毎週昼休みに会社のコピーを使って何部か作成し,
会社以外のメンバーには郵送していました。
マメ!
ただ,毎週私用でコピーを使うものですから,
ついに会社の役員が怒って,
「コピーをやるから家でやれ!」
といわれまして・・・
せまい学生下宿に,大きなコピーを運びました。
毎週月曜日は休むし,私用電話はかけまくるし,
いまから思うと,よくこんなダメダメ社員を雇い続けてくれたものです。
ありがとうございます!
感謝!
その「週刊ターフ」,
いまではメール配信の形になり,
また大きなレースが行われる週だけの配信となりましたが,
いまでも続いているんですよ。
すごいでしょ!
ちなみに最新号は,663号です。