はじめての

こんにちは。よっしーです。

前回は主人の話を書きましたので、今日は娘との話を書こうと思います。

夏に東京は八王子でボルダリングの世界大会がありまして、チケットが当たった下の娘と行ってきました。題して「母娘ボルダリング世界大会貧乏旅行」。

行きは夜行バス その名も「青春ドリーム号」。就活で何度か利用している娘が「結構寝られるよ」と言うのを信じて、乗ってはみたもののとてもじゃないけど。オシリガイタイイタイ(泣)

ボルダリングの世界最高ランクの選手が一堂に会し、男女の準決勝と決勝を一日でやるので、もんのすごく見ごたえはあるのですが、如何せん寝てない私は決勝戦の一番盛り上がる頃(午後8時頃)に、睡魔にグワングワンと襲いかかられており 自分が今どこで何をしてるのやら、何を見ているのやら、夢とうつつを行ったり来たり…。も~わやですわ。

試合が終わったのが10時、そのあとの表彰式と有名選手にサインを求める行列に並ぶ娘……。 八王子のアパホテルに着いたのは日付がかわるころで、ダブルベッドに寝転んだとたん爆睡。

翌日はのんびり東京見物といきたいところでしたが、昨日の興奮覚めやらずの娘はわざわざ東京のジムで壁登りですわ。一人ぼっちの母は連絡の取れた大学時代の友人と30年ぶりに会ってランチ(待ち合わせは新宿アルタ前)。これが大阪を出発して以来のまともなご飯。

夕方新宿駅で娘と合流して大型台風が接近中の大阪へ向けて新幹線に乗ったのでした(車中ガラガラ)。

あ~~~~~ 楽しかった!!