キャンプのすゝめ

こんにちは。
毎日寒いですね。

朝起きられないとか、
通勤の時間がつらいとか、
あまり人気のない(?)季節ではありますが……

実は冬って、キャンプにピッタリのシーズンなんです。

はい、あの「キャンプ」です!
外でごはん食べて、テントで寝る。あのキャンプのお話です。

趣味で年がら年中キャンプに行く私ですが、
ベストシーズンは冬だと思っています。

だって、夏は暑いでしょ?
虫が多いでしょ?
人も多いでしょ?
春や秋も同じです。
静かにゆったりとした時間なんか過ごせた試しがありません。

でも、冬だとそれができるんです。

場所は、できるだけ山奥がおすすめです。

テントの設営が終わり、
ひととおりの準備が整えば、
あとは、たき火ぐらいしかすることがありません。

ごはんを食べながら、お酒を飲みながら、
火を絶やさないように、ひたすら薪をくべます。

ときおり、暇やなぁ~…なんて思ったりします。

たき火に飽きると、あとはテントで眠くなるまで読書タイムです。

一体どこが楽しいねん?とお思いでしょうか。
でも、お楽しみはこれからです。

朝4時か5時ぐらいに、もぞもぞと起き出し、
ダウンジャケットを着込んで外へ出ます。

空を見上げると、それはそれは美しい満天の星空。

都会どころか、そこそこ田舎の私の家からでも見ることのできない、
すばらしい星空を見ることができるんです。

星座を作った大昔の人のように何かを見出すことはできなくても、
普段感じることのない不思議な気持ちになったりします。

ぼーっと眺めていると、流れ星に出会うこともあります。
「あっ!ね、願いごとを…!」と思っている間に消えてしまうのですが。

どうですか?
すてきでしょ?

毎日忙しく過ごしているみなさん、
ぜひ一度、「冬キャン」にチャレンジしてみてください。
一番好きな季節が冬になるかも知れません。

ねえさん