クリスマスプレゼント

先日,お酒を飲んでほろ酔いの夫が,♪〜飲んで〜飲んで〜飲まれて〜飲んで〜飲んで〜飲み潰れて寝むるまで〜飲んで〜と歌っていて(これ歌ってる時点で相当お疲れですね…苦笑),それを聞いて,♪〜(子どもを)お風呂に〜入れて〜歯磨き〜してあげて〜寝かしつけも〜してから〜寝てくれよ〜まじで〜頼むわ〜と心の中で夫への返歌を返しておいた,motokoです。どうもおつかれさまです。

さてさて,クリスマスが近づいてきましたね。子どもが小さいので,親としてクリスマスプレゼントを用意する側なのですが,娘は先月3才になったところで,まだクリスマスのなんたるかをはっきりとは理解していない様子。今,折に触れて「いい子にしていたら,サンタさんがクリスマスプレゼントを持ってきてくれるんだよー。」と教えています。

先月の娘の誕生日には,娘を連れて誕生日プレゼントを買いに行ったので,本人の反応を見て選ぶことができ,子どもメイクセット(1,620円)が欲しいと言うので,対象年齢6才以上でしたが,親の懐にも優しいこちらをプレゼントさせていただきました。

次はクリスマス。あくまでもサンタさんからプレゼントをもらうわけですから,一緒に売り場へ行って買ってやるわけにはいきません。

私としては,外で体を動かして遊べるし,三輪車や自転車の前練習にもなると聞く,ストライダー(キックバイク。ペダルなしの自転車のようなもの。)をプレゼントしたらどうだろうかと考えていました。

直接,娘にサンタさんからのプレゼントには何がほしいか尋ねてみたところ,「 赤いキラキラの車が欲しい」という答えが返ってきました。

室内で子どもが乗って遊べるような車かな? と思い,画像検索した画面を見せてみたものの,「これじゃない」と言っていて,一応絵に描いてみることになると,落書き帳に赤色のクレヨンで無数の点を打ち,キラキラ感を表現していました。キラキラしていることはよく伝わったものの,3歳児の画力では車のフォルムまでは表現できず……。どうしたものかなぁと思っています。

思えば,私も子どもの頃,サンタさんに欲しいものをお願いし,クリスマスプレゼントをもらっていましたが,今となっては何をお願いし,何をもらったのか思い出せなくなっています。ただ,唯一記憶に残っているのが,欲しかったものがもらえなかった年のプレゼントです。サンタさんにお願いしてたのと全然違うー! という衝撃はなかなかのもので,強く印象に残っています。

その年にもらったクリスマスプレゼントとは,「湯呑みとお茶碗とお箸の和食器セット」という,およそ子どもの側からはチョイスされることのなさそうな,渋めのプレゼントでした。サンタさん,どうして……。マロンクリーム(Ⓒサンリオ)好きやけど……。なんで,和食器セット……? 困惑する私に「良かったやんー! すぐにでも使えるねー!」と母。早速,朝食を盛り付けられて食卓に並んだ私のクリスマスプレゼント……。クリスマスプレゼントってこんな実用的な感じでしたっけ……。いや,でも,サンタさんがこれがいいと思って選んでくれたんだ。嬉しくないとか言ったら,ダメなんじゃないか……。非常にモヤモヤしながら食べた朝食。今でも思い出に残っています。ありがとう,サンタさん,いや,お父さん,お母さん。娘もそろそろ陶器の食器を使っても大丈夫だよね。娘が好きなマロンクリーム! よしこれにしよう。と思って買って来てくれたんでしょうね,きっと。

今年のクリスマスまで,もうあまり日がないですが,娘の言う「赤いキラキラの車」の正体は未だによくわかりません。

もう,とりあえず,お母さんがあげたいストライダーでいいかな……?
なるべく赤いキラキラしたの探すからさ……?

クリスマスプレゼントというのは,親の意向が反映されやすいもののようです。