令和2年。おめでとうございます。

2020年が始まりました。

明けましておめでとうございます。

年頭にふさわしいかどうかは置いといて,
前から気になっていたことをひとつ。

Let it be(ビートルズ)
Let it go(アナと雪の女王)

どちらも,有名な曲ですね~

翻訳サイトなどを見てみると,
それぞれいくつかの和訳が紹介されていますが,
「放っておく」という言葉が共通して見つかります。

Let it beとLet it goはおんなじ意味なのか?

beはbe動詞,goは一般動詞です。

be動詞には「動き」の概念はなく,自然なイメージ,
一般動詞のgoには,何かが「動く」感じ。

Let it beは,今の状態をそのまま受け入れるような
Let it goは,何かしらのアクションを起こして,成り行きを見守るような

感じかなぁ,と思っています。

単純に和訳してしまうと,その日本語によっては,
「おんなじやん」と思われてしまいそうですが,
beとgoには,明らかな違いがあるはず。

個人的な感覚なので,違ってたら,ご連絡ください。。。!

そういう,微妙な違いを大事にしつつ,
できるだけ正しく使いたいな,と思う今日このごろです。

日本語で気になっていることをもうひとつ。

最近「できなくなった」という表現に対して
「できんくなった」という言い方をよく耳にします。

そして,

「あれ,できんくなってたけど,できるくなってるよ」

『新方言』って言うそうです。。。( ̄0 ̄)

言葉は変化するものらしいので,これも使い続けられると,
メジャーになるのかも。。。

最後に,全然関係ない余談をひとつ。

昨年の秋,あるアメリカの電気自動車の,
めっちゃ速いやつに試乗できる機会がありました。

操作性,加速もめちゃくちゃよく,
運転自体には,もんのすごいテンションUP!

ただ,個人的に,致命的な欠点が,,,

音が静か。。。。。。

エンジンがかかっているのかどうかもわからず,
坂道を駆け上がるときも,ほぼ無音か?というぐらい。

もちろん,そこが,その車の大きなウリなのですが,
営業のお兄さんが,そこを推せば推すほど,
テンションが下がってしまった私でした。

昨今のエコの時代に,真っ向から逆行しますが,
速い車には,おなかに突き上がってくる轟音がないと,,,,

これ以外は,環境にやさしい生活をすることを誓うので,
この指向だけは,どうかお許しを。。。(_ _)

memory@爆音好き