停電

2,3日前の夜,自宅リビングでテレビつけながら新聞を読んでいたとき,急に真っ暗になりました。久しぶりの停電。 
 
 とりあえず,リビングのカーテンを開けて,外の様子をうかがいました。ご
近所みんな真っ暗なので,うちだけのトラブルでないことを確認し,一安心。 
 そして,庭に1つだけある太陽電池で点く灯りの光をリビングに入れて,
懐中電灯を取り出し,部屋の光源?を確保しました。

ちょっと外の様子が気になったので(どれくらいの範囲で停電しているのか?),
近所の巡回(勝手に)出かけました。

 日付が変わるくらいの遅い時間でしたが,
いえ,遅い時間だったので,
家族にとがめられることもなく,
携帯だけ持って,月明かりの田舎道をぶらぶらと…。
 ご近所の方も何人か出て来られており,こんばんはとご挨拶しながら,
「停電なんて,久しぶりですねー。」
「本当に珍しい。」
「変電所で事故かな?」
「月がきれい。明るいなあ。」などと,
まるで真夜中の井戸端会議のようなにぎやかさ。

 そんなこんな話を4,5分してから(停電の範囲なんてわからないまま)家に戻り,
懐中電灯で新聞を読んでいたら,10分くらいで,電気復活!!
なんだかあっけなく簡単に復活してしまったなという感じ。

 思い返せば,子どもの頃(私の子どもの頃ね!)って,よく停電していました。
ろうそくの光で時間割あわせたり,
入浴中の停電で真っ暗な中で髪の毛を洗ったり,
結構おもしろかったです。
非日常って感じを大いに楽しんでいました。

 大人になると,なかなかそんな気分にはなれないのですが,
久しぶりの停電で,子どもの頃のわくわく感を懐かしく思い出しました。

 今度,晴れた日に停電したら,暗い中に新聞持って行って,
月の明かりでどれくらいの大きさの文字まで読めるか確かめてみます。
昔やったけど,読めなかったのです。
 新聞の字も大きくなってるし,月齢にもよるし。
満月に近いときなんか,いちばん小さい字も読めそう。

 困る方も多いだろうから,あまり期待せずに,停電を待っていようと思います。
Koma52