大都会

はじめまして,トマトと申します。

香川出身の父と,高知出身の母の間に生まれ,
四国の田舎でのんびりと育ったゆとり世代です。

大都会に出てきて早10年以上…。
「おちこんだりもしたけれど,わたしは元気です。」
プロフィールに書かせていただいているこの文は,
ジブリの「魔女の宅急便」のキャッチコピーです。

この映画は,魔女の女の子キキが,修行のため
1人で都会へ出て自活する,という話です。
仕事がうまくいかなかったり,魔法が使えなくなったり,
様々な壁がキキに立ちはだかります。

キキには言葉を喋る黒猫のジジが一緒にいるのですが,
話の途中で,ついにキキはジジの言葉が分からなくなります。

一見,魔法が使えなくなった一端であり,
親友と話が出来なくなってさみしい…というようにも思えますが,
宮崎監督はこう語っています。
「ジジの声はもともとキキ自身の声で,
キキが成長したためジジの声が必要なくなった。
変わったのはジジではなくキキ。」

次々と訪れる困難が,いつのまにかキキを成長させていたのでした。

神戸での約10年。
始めてのバイトでは,お客さまに生ビールをぶっかけ,
違うバイトでは,財布を盗まれ家に帰れず,
前職ではひたすら清掃に励み…。

10年経ってやっと,神戸に住んでいるという気持ちが芽生えてきました(遅い)
私は,キキのように何か変わったのでしょうか。
自分のことはあまり分かりませんが,
少しでも得たものがあるといいなと願います。

そして,キキが黒いワンピースを着ているように,
飾らない素のままの私で,元気にやっていきたいと思います!