色々読書

本の話をします。

読書家を自称するにはおこがましい読書量の自分ですが、
本を読むのは好きです。
書く物語を楽しみに読む作家さんもいれば、
内容はともかく、文調、というのか、語り口を楽しみにして読む作家さんもいます。
いずれにせよ、読書タイムは栄養補給の時間です。

最近は、新しく本を買うことが少なくなりました。
それは読みたいものがなくなった訳ではなく、
ただそういう時期なだけなのでしょう。
今はそのぶん、本棚にある本を再読しています。
「この本、好きだったなあ」
などと思い返しながら棚を眺めていると、
意外や中身をすっかり忘れている。
そういうものを、昔の玩具箱をひっくり返すような心持ちで読み返しています。
先日は『家守綺譚』を読みました。
今は『しゃべれども しゃべれども』。
次はムーミン?
夏になると、漱石も読みたくなります。
『細雪』は時期を逃しました。

それら好きなものを、人と薦め合うのも面白い。
本を読むと、新しく何か積み上がるようにも、何か整理されるようにも思います。
今ちょうど、本屋にカラフルな帯の文庫本(夏休み仕様)が並び始める時期。
昔好きだったもの、気になっていたもの、
ほんの少し夏休みの気分で、読んでみるのも一興です。

ue