4?分の1

この間2010年が明けたばかりと思っていたら、あっという間に3月です。
歳を重ねるにつれて一年が早くたつように感じられるのは、たとえば
今12歳の子にとっての1年は今まで生きてきたうちの12分の1であって、
40歳の人の1年は40分の1、比べてみれば40分の1の方が小さいわけです。
つまりだんだん分母が大きくなっていくわけだから、当然1年の感じ方はより
早くなっていくわけですね。

それにしても、スピード違反のように早く過ぎ去っていく日々ときたら・・・
お願い、だれか取り締まってくれ~という感じです。

たまに思い出したようにやるのですが、to do リストというものを作っています。
やらなければならないことと、したいことを早急なものから将来いつかと思うことまで、
わりと細かく思いつくままエクセルの表にどんどん打ち込んで、順番つけたりなんかして。
キッチンの一番上の引き出しを整理する、なんて細かいことまで入れてるわりには、
50のリストを作るのにやっとこさで、やりたいことはいっぱいあるように思えても、
何だこんなものか~、とちょっとがっくりきました。

短いスパンのものはどんどん更新して、将来いつかと思っていたことが短いスパンに
降りてくるようにしないと、いつかいつかと思うだけでは、毎日を無駄にしかねないと
少しばかり焦りを感じます・・・たまにね。

☆chiffon-san